6月5日に封切りされた『孤高のメス』を見てきました。今回は、その映画評をお送りします。原作は、大鐘稔彦先生の同名小説。監修は、国内初の脳死肝移植を手がけた順天堂大教授の川崎誠治氏。また、藤堂省教授のおられる北大の外科も協力しています。

ログインして全文を読む