4月30日付の読売新聞によると、「日本私立歯科大学協会」のまとめで、今春も全国17校のうち11校の歯学部入学者が定員を満たさず、昨年よりもさらに定員割れが拡大していることが分かったそうです。

ログインして全文を読む