しばらく前、知り合いの医学教育研究者に「このごろハンガリーが外国人の医学生を育てる留学事業をやってるの知ってる?」と聞かれました。「自分たちが医学生だった30年ほど前に、米国の若者が医師になるのに、プエリトリコだとか国外の医大を出て、ECFMGの認証を得て医師になる方法が流行っているなんて聞きましたが、そういう手法です?」「まあ、似たようなものだけど、そういう事業を学校法人じゃなくて、国がやってるんだ」。

ログインして全文を読む