4月6日の読売新聞は、医師不足などの影響で患者の検査画像の診断をインターネットを利用して外部に依頼する医療機関が増える中、一部で、格安サービスをうたう中国の医師への委託が始まっていると報じています。CTの診断を中国に「下請け」に出した場合の委託料は、国内の4分の1だということです。

ログインして全文を読む