医療界では医師の増員が議論されていますが、弁護士界では既に増員が決定され、「ワーキングプア」が話題になったりもしています。そんな中、先日の日本弁護士連合会の会長選で、弁護士増員への反対姿勢を明らかにしている非主流派の宇都宮健児弁護士が当選しました。

ログインして全文を読む