以前、「診療報酬改定に見る“失うものの大きさ”」と題して、プライマリケアを担う開業医を軽視する改定により地域医療体制が崩壊すれば、患者や社会も大きな損害を受けるのではないかとの危惧感を語ってみました。今回は、診療報酬における“サービス単価”の話から一歩踏み出し、「医療のフリーアクセス」にまで対象を広げて考えてみたいと思います。

ログインして全文を読む