1月27日、神戸第2検察審査会は、2001年に起きた兵庫県明石市のJR朝霧駅付近の歩道橋で花火大会の見物客が折り重なって転倒し、11人が死亡し247人が重軽傷を負ったいわゆる明石歩道橋事件で、業務上過失致死傷罪容疑で書類送検され、神戸地検が不起訴にした明石署の元副署長に対し、起訴相当の議決を行いました。

ログインして全文を読む