1月26日、最高裁は、2003年に愛知県一宮市の病院に入院していた当時80歳の女性が、不必要な身体拘束で心身に苦痛を受けたとして損害賠償を求めていた訴訟で、患者側の請求を棄却する判決を下しました。患者の女性は、一審判決前の06年に死亡しています。

ログインして全文を読む