1月12日に「米国ヘルスケア法案と次期診療報酬改定」と題して、米国のヘルスケア改革法案の成立が非常に微妙な状態にあると書きましたが、ほんの1週間ほどでさらに大変な状況になっています。1月19日、米連邦議会の再開の日に、米国ヘルスケア法案の成否を占うマサチューセッツ州の上院議員補欠選挙が行われました。

ログインして全文を読む