ここ10年ほど毎年自殺者が3万人を超えています。警察統計や厚生労働省が行う人口動態統計の死因別死亡者数から、自殺者数は、ほぼ正確に把握されているといってよいでしょう。専門家は、失業者数の増減と自殺者数の増減が強く関連していると指摘します。失業に限らず、生活苦が、直接あるいは間接的に自殺に結びついているのは間違いないでしょう。

ログインして全文を読む