富山県の射水市民病院の医師が末期の患者7人の人工呼吸器を外し患者が死亡した問題について、12月21日、富山地検は殺人容疑で起訴された2人の医師を不起訴処分としました。地検は不起訴の理由を、医師らの人工呼吸器を外した行為と死亡の因果関係について疑問が残り、殺意を認められないためとしています。

ログインして全文を読む