1週間ほど前、北海道新聞に、北海道歯科医師会の大きな意見広告が掲載されました。内容は、歯科医師会だけでなく、医師会もよく主張している「低医療費政策で国民の健康が危ない」「窓口負担の増加は国民の医療格差をつくる」「新しい技術の保険導入が急務である」というものです。

ログインして全文を読む