先日、このブログで、出産一時金に関する話題をご紹介しました(2009.10.9「政権交代で右往左往の医療予算」)。健康保険組合などから被保険者へ出産育児一時金が支給される現行の還付型の支払い方式から、代理契約によって医療機関へ直接支払う方式に変わることで、分娩を扱う医療機関では制度の開始直後の10月から約2カ月間、現金収入が大きく減少することが問題視されているという話です。

ログインして全文を読む