以前このブログで、「献体の臨床研修利用は是か非か」というお話をしました。今回はその続編です。7月11日に名古屋の中電ホールで、「先端医療技術を安心して受けるためにー献体を用いた医療技術トレーニングの必要性と今後の課題―」という市民フォーラムが開かれました。その内容をご紹介することで、キャダバー・トレーニング(献体を用いた手術トレーニング)のこれからを考えてみたいと思います。

ログインして全文を読む