「チェンジ!」という熱狂的な歓声とともにバラク・オバマ氏が米国大統領に選ばれ、政権交代が起こったのはずいぶん前のように思っていましたが、実はまだ1年も経っていないことに気がつきました。オバマ大統領が自らの政権の大きな課題と位置付けているヘルスケア改革法案が、7月31日の下院エネルギー商業委員会で可決され、関係するその他2つの委員会でも可決されたことから、あとは上院における手続きを待つばかりとなっています。

ログインして全文を読む