8月7日付の日本経済新聞の「やさしい経済学」で、スタンフォード大学助教授の小島武仁先生が研修医のマッチングプログラムにゲーム理論が利用されていることを紹介しています。小島先生によると、米国では1950年代から研修医の採用にマッチング制度が導入されました。それ以前は、優秀な研修医を確保したい病院が競って採用活動を前倒しにし、研修医の採用時期が医学部卒業の2年前にまで早まるといった問題が生じていました。

ログインして全文を読む