2007年に医療法が改正され、「医療法人の決算書」を誰でも閲覧できるようになりました。医療法人の公益性・公共性といった視点から、不特定の第三者でも医療法人の決算書類を閲覧できるようにしたのです。今では医療法人を管轄する各都道府県の窓口で閲覧請求の手続きを踏めば、誰でも過去3年間の決算資料を閲覧できます。

ログインして全文を読む