7月1日、生活保護を受けている患者に心臓カテーテル手術をしたように装い診療報酬約170万円を詐取した疑いで、奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」の院長と事務長が逮捕されました。一口に診療報酬詐欺といっても、医師によってその手口はさまざまで、医道審議会で問題になり行政処分に至る者は絶えません。

ログインして全文を読む