5月18日から27日までジュネーブで開かれる予定の世界保健機関(WHO)の年次総会では渡航移植の制限指針が決議される予定です。既に昨年5月、国際移植学会は、トルコのイスタンブールで開いた国際会議で、移植用臓器の「自給自足」を各国に求める宣言をまとめています。

ログインして全文を読む