4月18日付読売新聞夕刊に、歯科医師と医師のトレンドに関する記事を見つけました。まず歯科医師についての記事は、「私立歯大の6割が定員割れ」というものです。読売新聞社の調査によると、全国17の私立歯大・歯学部のうち6割強の11校が、今春定員割れを起こしており、中には4割以上の欠員を出した大学も3校あります。受験者総数も4973人と、前年より約2800人も減少しているそうです。

ログインして全文を読む