前回は学校健診での聴診衣のお話をしましたが(2009.4.10「学校健診の“セクハラ疑惑”対策となるか?―「聴診衣」近日発売」)、今回は乳癌検査での受診者に対する配慮のお話です。4月10日付の日本経済新聞の「技術ウォッチ」のコーナーでは、「乳がん検査 下着を着けたまま」「島津製作所、痛みの軽減」という見出しで、患者の精神的な負担を軽くするための機器の開発・改良が進んでいることを報じています。

ログインして全文を読む