当地札幌で、うつ病を装った健康保険の傷病手当詐取事件が立件されました。北海道新聞の一連の報道によると、この事件の手口は次のようなものでした。今回詐欺罪で逮捕された札幌市内の会社役員は、3年前に実態のない貴金属輸入販売会社を設立。全国7カ所に架空の支店を置き、約20人の社員にうつ病と偽らせて、傷病手当金を申請させていました。道警は、会社設立の目的自体が手当金の詐取で、約7都道府県の社会保険事務局から計5500万円を受給し、社員と山分けしていたとみているようです。

ログインして全文を読む