厚生労働省と文部科学省の合同検討会が昨年の9月から進めていた、医師の臨床研修制度の見直し作業の最終意見がまとまりました。医師の地域的な偏在を解消し、研修医を診療現場の働き手として早く活用できるようにする目的で、都道府県別に募集定員枠を設定するほか、各科・各課程の研修期間の弾力化により、研修期間を実質的に1年間にすることも可能になります。

ログインして全文を読む