このところ献血者数が減っていて、血液需要を満たすのがなかなか大変だとよく耳にします。近所のスーパーなどに献血車が止まっているのを見かけても、人もまばらな印象です。そんな中、2月3日付読売新聞で、「アキバ献血男子」と銘打ったちょっと変わった記事を目にしました。

ログインして全文を読む