このところ、米国製の医療機器が在庫不足となり、わが国で骨髄移植が2月以降、実施困難になりそうだというニュースが流れています。この事情というのは、次のような「風が吹けば桶屋が儲かる」の逆さのような話です。

ログインして全文を読む