「禁治産者」や「準禁治産者」という言葉が使われなくなってずいぶん経ちました。かつて民法は、行為無能力者制度を設け、心神喪失の常況にあり、家庭裁判所で禁治産の宣告を受けた者を「禁治産者」とし、心神耗弱者(しんしんこうじゃくしゃ)または浪費者で、家庭裁判所によって準禁治産の宣告を受けた者を「準禁治産者」として、財産の管理を制限するとともに、その保護を図ってきました。

ログインして全文を読む