先月末、お休みのんびりモードでネットサーフィンをしていたら、次のようなロイター通信の配信記事が目に入ってきました。9月26日付ベルリン発のロイター通信は、体に重い障害を持つドイツの男性(70歳)が、同国の医療保険制度の不備を訴えることを目的にハンブルクからローマまで全2500kmの旅を行い、車いすでアルプスを横断したと伝えています。

ログインして全文を読む