先日、変わった書名の新刊広告を見かけました。『がん哲学外来の話』(樋野興夫、小学館)という、耳慣れないというか、初めて耳にする変わったネーミングです。

ログインして全文を読む