知り合いの精神科医がぼやきます。彼は街のビル診療所で心の疲れた患者さんの治療に従事していますが、日々診療業務に忙殺されて、自分自身が擦り切れそうだというのです。

ログインして全文を読む