9月3日午後、北海道警は、虚偽診断書作成の容疑で、耳鼻科医のM医師(73歳)が経営する札幌市中央区の耳鼻科医院と医師の自宅を家宅捜索しました。患者が実態と異なる聴覚障害に当たるとした診断書を作成した疑いです。

ログインして全文を読む