以前、代理出産の現況についてお話したことがあります(「「母」は果たして代理できるか?」)。最近、ある日本人男性が、インドで現地の女性と代理出産契約を結び女児が生まれたものの、女児の国籍が不明確になるという事件がありました。代理出産の危うさが議論される事態となっていますので、再度論じてみたいと思います。

ログインして全文を読む