5月20日付の毎日新聞で、「モンスターハズバンド」という目新しい言葉を見付けました。この記事は、東京の愛育病院院長の中林正雄先生が、「産科医療の危機」をテーマにしたセミナーで、この半年間、自院で起きたトラブルの中から13ケースを発表したというものです。

ログインして全文を読む