4月1日に後期高齢者医療制度が施行されてまだ1カ月足らずですが、あるローカル局のワイドショーで特集をやるとのことで、コメンテーターとして呼ばれました。厚生労働畑出身の研究者や広域連合の職員さんたちが制度説明や質疑応答をしている間に、かかってくる視聴者からの電話は「うれしくない制度だ」「行政の広報が悪い」など批判的意見ばかり。

ログインして全文を読む