この3月下旬から大阪府吹田市の救急車に救急モバイル・テレメディシン・システムが搭載され、救急車から国立循環器病センターに直接に患者データを送信しながら患者を搬送することができるようになりました。

ログインして全文を読む