前回に続き、判決文の読み方をレクチャーしてきます。「争点及び争点に対する当事者の主張」の2項目からです。どのような争点についても、原告の主張、被告の主張は真っ向からぶつかるのが普通です。次の引用は過失論についての原告と被告のがっぷり四つの風景です。

ログインして全文を読む