このところ北欧の医療について、雑誌の記事、研究者の卵や留学生医師のインタビューなどを参考にお話していますが、今回はデンマークの医療事情です。直接にお目にかかったことのないものの、そのエッセーのファンになってしまった造形作家の高田ケラー有子さんのことは、村上龍さんが配信しているJMM(ジャパン・メール・メディア)というメールマガジンで知りました。

ログインして全文を読む