1月7日から東京のタクシーがほぼ全面禁煙となりましたが、この日の日刊スポーツで面白い訴訟の話を見付けました。このニュースは、警視庁の覆面パトカー車内に漂っていた、たばこの煙で健康被害と精神的苦痛を受けたとして、東京都杉並区の74歳の男性が都を相手に10万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたというものです。

ログインして全文を読む