師走の16日、教育テレビの俳句講座をのぞいていましたら、北里大麻酔科教授の外(ほか)須美夫先生がゲストで登場されました。今日ご紹介するのは、外先生の「痛みの声を聴け―文化や文学のなかの痛みを通して考える」(克誠堂出版)という痛みについてのモノグラフィーです。

ログインして全文を読む