11月16日の読売新聞に、当地北海道の旭川市で起こった珍事件が報じられました。11月15日の朝、旭川市内のある居酒屋で30歳の男が、トイレで頭から血を流して倒れていたのが見付かり、救急車で病院に運ばれた。警察が傷害や殺人未遂事件の可能性もあるとみて、事情を聞いてみたがつじつまが合わない。調べを進めてみると、男は夜中の1時ごろから朝の5時すぎまで生ビールやつまみを注文(2441円相当)して飲食した。

ログインして全文を読む