生活習慣病を予防するために2008年度から始まる「特定健康診査」と「特定保健指導」が話題になっていますが、新たに最大2800億円超の医療市場が生まれるだろうという日本政策投資銀行のレポートを見付けました。

ログインして全文を読む