東京の三井記念病院で、歯科医が医科研修として外科手術の医科麻酔をかけていたことが問題となっています。同病院で7月12日に行われた記者会見で、萬年徹院長が「当院を信頼してご利用いただいた患者やご家族に多くのご心配をおかけし、深くおわびします」と、改めて謝罪しましたが、問題となっている事件は次のような話です。

ログインして全文を読む