当地北海道の道立高校での「事件」です。北海道新聞の報道によると、札幌市内の道立高校が5月中旬に行った内科健診で、女子生徒約120人が「(大学病院から健診の応援に来た30歳代の)男性医師に乳房をつかまれた」と訴えたため、健診を中断し、この混乱で学校保健法が健康診断の期限とする6月30日まで健診を終えられない事態となったということです。

ログインして全文を読む