5月の下旬、秋田県男鹿市立男鹿みなと市民病院が非常勤内科医として採用した女性医師(30歳)が、国家公務員として兼職禁止の制約を持つ防衛医官だったことが判明し、4日間診療しただけで辞めることになった事件がありました。

ログインして全文を読む