朝日新聞の医療記者として有名な田辺功編集委員が、同紙朝刊に「ドキュメント医療危機」というコラムを連載されています。5月10日の同紙には、「事故・ミスに偏る報道へ不信」というマスコミ報道の構造的問題性を指摘する2つのエピソードが語られています。

ログインして全文を読む