3月26日、厚生労働省の新型インフルエンザ対策の専門家会議が、発生から大流行まで想定した対策ガイドライン(指針)をまとめました。その指針の概要は、数に限りがあるワクチンを優先投与する対象者として医師や警察官のほか、自衛隊員や国会議員、危機管理に携わる公務員など約30職種を具体的に例示しています。

ログインして全文を読む