新聞やテレビで報道された通り、3月14日東京地裁で、中原利郎医師の自殺が過労死(労災)であると認定する判決が下されました。医師以外の職種でも、とうに過労死自殺、労災が認められる時代になっているならば、当然医師にも医療労働環境の劣悪さから過労死自殺、労災が認められてしかるべきと思うのですが、それが事業所(勤務先病院)どころか行政にさえ無視されてきたのは驚くべきことです。

ログインして全文を読む