邦題は「ヒトラー 最期の12日間」と名付けられ、ドイツでは2004年9月、わが国では2005年7月に公開されたドイツ・イタリア・オーストリア共同制作映画です。市街戦などの撮影は、ドイツ国内で協力を得られず、ロシアのサンクトペテルブルク(旧レニングラード)でロケが行われた2時間半余りの長編です。

ログインして全文を読む