ピアノ科に在籍しながら指揮者を目指す音楽大生の千秋真一は、将来に行き詰まりを感じ、懊悩(おうのう)の日々に担当教授とも軋轢(あつれき)の末に訣別、別れた彼女の酷薄な態度に自暴自棄になって行きます。

ログインして全文を読む