わが高校時代の同級生U君が民間企業に数年勤務した後に、教職に転進し、今はとある高校の主任となって高校生の進路指導なんぞに従事しています。30年余り前には、自分たちが担任の先生や進路指導の先生に、「お前はこういうのが向いてるんじゃないか?」とか、「ボクはここに行きたいのですが、諸般の事情がどうのこうの」といった相談をしていたのが、今度は自分の生徒に、あるいはプライベートで自分の息子や娘にアドバイスする時代になっています。

ログインして全文を読む