先月の下旬、奈良県立奈良病院の産婦人科医5人が2004年、2005年の超過勤務手当の未払い分として計約1億円の支払いと、医療設備の改善を求める申入書を県に提出したというニュースが流れました。この産婦人科医たちは、「報酬に見合わない過酷な勤務を強いられている」と主張しており、要求が拒否された場合は、提訴も検討する方針だと言います。

ログインして全文を読む